取手アートパス2017 GAP ロンドン×パリ ユニットプロジェクト報告展



取手アートパス2017 |  GAP ロンドン×パリ ユニットプロジェクト報告展

開催期間:2017年12月2日(土)ー2017年12月3日(日) (取手アートパス2017開催期間に準ずる)
時間:10:00ー17:00
場所:専門教育棟4階 401 GAPアトリエ

GAP専攻アトリエのある東京藝術大学取手校地のオープンキャンパス及び、先端芸術表現科学部2・3年生進級展、各科有志展が一体となったイベント「取手アートパス2017」におきまして、本専攻の主幹であるユニットプロジェクト参加学生がそれぞれのユニットで行った成果展の報告とプロジェクト紹介をいたします。

本年も昨年に引き続き、ロンドンはロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校、パリはパリ国立高等美術学校との提携により双方の国での滞在や共同授業を経て、成果展を行いました。

ロンドンユニットはフォークストントリエンナーレにて「複雑なトポグラフィー:パビリオン」展を行い、パリユニットはTOKYO数寄フェスティバルにて東京・谷中地域内での「The Whole and The Part – 全体と部分-」展を開催しました。

制作風景や、授業の様子、作品展示などもご覧いただけますので、取手にお越しの折には、ぜひお立ち寄りください。

*「取手アートパス2017」の詳細はこちらです。