社会実践論2016「アジア想像の政治」



社会実践論「アジア想像の政治」

社会実践論「アジア想像の政治」では、中国精華大学からWANG Hui 教授を招聘し講義を行いました。

招聘教授 World Leading Professor
WANG Hui
中国精華大学教授

 授業は広島視察から始まり広島平和記念資料館での 志賀賢治館長の日英語パネルでの資料館の歴史と未来計画、英語による被爆者講話、広島市立現代美術館でベトナム作家展示見学と今日的視点から広島をはじめ被爆体験者が語る記憶を通じた歴史認識と芸術表現への理解を深めました。

 3日間に渡る講義は主にWANG 教授著の「The Voices of Good and Evil: What is Enlightnment?」を元に「What is Enlightment?(啓蒙とは何か)」という魯迅、カントやフーコーを含む世界中の歴代の思想家たちが繰り返し論じてきた問いに対しディスカッションを行いました。さらに、学生たちはWANG 教授著の「The politics of Imagining Asia A genealogical analysis」を輪講し、WANG 教授から「アジア」「東洋」「西洋」など私たちが何気なく定義して使っている言葉が、どこから来て、何を意味するのかについて古代から現代までの歴史的文化的背景を丁寧に説明いただきました。

 講義以外の時間ではWANG 教授と学生が面談を行い、授業の内容に関して質問や自分の作品を見てもらうなどのコミュニケーションの機会を設けました。