日本アート概論

 絵画 、彫刻 、工芸 、デザイン等における日本に特有の側面を、各領域の第一線の研究者である本学教員による特別講義として展開します。選択科目として受講することができます。
 

 
【2019年度 担当教員・招聘講師】 
 
 
 
【2018年度 担当教員・招聘講師】 
籔内佐斗司[彫刻](大学院美術研究科文化財保存学専攻 教授)
平 諭一郎[現代美術の保存修復](COI拠点 Arts & Science Lab. 特任准教授) 
西川竜司[現代美術の保存修復](COI拠点 Arts & Science Lab. 特任研究員)
林 卓行[藝術/アートをとりまく言説の現況](美術学部芸術学科美学専攻 准教授) 
井上文雄[藝術/アートをとりまく言説の現況](特別講義ゲスト CAMP主宰)
 
 
【2017年度 担当教員・招聘講師】
光井 渉[建築](美術学部建築科 教授) 
田中功起[現代美術](アーティスト) 
佐藤道信[絵画](美術学部芸術学科日本・東洋美術史専攻 教授) 
籔内佐斗司[彫刻](大学院美術研究科文化財保存学専攻 教授)