社会実践論

 現代アートの世界をリードするトップクラスの専門家をゲスト講師として海外から招聘し、グローバルな文脈で現代アートの社会実践における重要な問題を取り上げるセミナー形式の授業、講演会ならびにフォーラム等を開催します。また、招聘した教授から直接個人指導をうけることができます。
 グローバルな文脈について多面的に理解を深めることで、他者の考えや感情を共有できる基盤をつくります。それらのプロセスを通じて、学生が互いに個性を尊重しながら、討議や発表など活動の場を展開できる能力を育てます。
 
【2016年度招聘講師陣】
マレック・バルテリック (美術評論家・美術史家・詩人)
ホウ・ハンルー (キュレーター)
イ・ヨンウ (芸術理論家・キュレーター)
ワン・フィ(思想家)
 
【2017年度招聘講師陣】
アルフレッド・ジャー (アーティスト・建築家・映像作家)
ギム・ホンソック (アーティスト)
シュッタブラタ・セングプタ (アーティスト・キュレーター)
 
【2018年度招聘講師陣】
チャン・ヨンへ重工業(アーティスト)
ソン・ドン(アーティスト):予定