GAP Special Lecture & Performance | Living/Working: When Attitudes Become Form, When Locations Become Movement | GAP特別講義&パフォーマンス|Living/Working: 態度が形になる時、場所が動きになる時

Date:Tuesday, 17th July, 2018, 6:00 p.m. – 8:00 p.m. (JST)
日時:2018年7月17日(火)18:00 – 20:00
Venue:Lecture Room 1, 1st Fl. of the Central Building, Ueno Campus, Tokyo University of the Arts
会場:東京藝術大学上野校地美術学部 中央棟1F 第1講義室

International Joint Project
granted by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)
through its Program for Enforcing the Function of National Universities
Tokyo University of the Arts, Graduate School of Fine Arts, Global Art Practice: Open lecture
Living/Working: When Attitudes Become Form, When Locations Become Movement

Emmanuelle Huynh
Half Vietnamese-half French, Emmanuelle Huynh studied philosophy (DEA at Pantheon Sorbonne) and dance (Mudra Béjart/Brussels). After working with Hervé Robbe, Odile Duboc, she benefited from a Villa Medicis scholarship for a project in Vietnam in 1994. Upon her return, she created the solo Múa, which inscribed in the heart of her work, multidisciplinary collaboration with artists from different fields (1995). Shinbai, le vol de l’âme with Ikebana master Seiho Okudaira was created in 2009, Spiel with butoh choreographer Akira Kasai in 2011. She managed the National Center for Contemporary Dance (CNDC)in Angers from February 2004 to December 2012, and restructured the school, notably by creating a new master’s degree called “Essais”, offering a dance, creation, and performance training program. She also initiated “Schools”, an international meeting of contemporary dance and art schools (2009, 2011 and 2013), allowing schools to perform their teachings. In September 2016, she was appointed Professor in the field of choreography, dance and performance at Beaux-arts de Paris.

文部科学省国立大学機能強化事業[国際共同プロジェクト]
東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 特別講義
Living/Working: 態度が形になる時、場所が動きになる時

登壇者:エマニュエル・ユイン氏(コンテンポラリーダンサー、振付家、パリ国立高等美術学校教授)
使用言語:授業は英語で行います。※日本語への逐次通訳があります。
対象:全学年・全学科

エマニュエル・ユイン
ベトナム人とフランス人の両親の間に生まれる。パンテオン・ソルボンヌ大学にて哲学を学び、研究深化学位(DEA)を取得。また、振付師モーリス・べシャールがベルギー・ブリュッセルに設立した学校ムドラにてダンスを学ぶ。エルヴェ・ロブ、オディール・デュボックと共演した後、1994年にヴィラ・メディチ海外研究奨学金を得てベトナムに渡り、創作活動を行う。ベトナムから帰国後、自身のダンスの象徴でもある「異分野のアーティストとのボーダーレスなコラボレーション」をベースとしたソロ作品「Múa」(1995)を発表。2009年、「心奪(Shinbai) ~魂の略奪、あるいは飛翔~」で生け花師範・奥平清鳳と共演。2011年、「SPIEL/シュピール・遊戯」で舞踏家・笠井叡と共演。2004年2月から2012年12月にかけて、フランス・アンジェ国立振付センター(CNDC)の芸術監督を務め、ダンス、創造活動、パフォーマンスを習得する修士プログラム「Essais」を設立し、同センターの改革に貢献した。2009年、2011年、および2013年には、世界各国のコンテンポラリー・ダンスおよびアートスクールが集まり、教育内容を披露する国際会議「Schools」を企画開催。2016年9月、パリ国立高等美術学校教授就任。同校にてコレオグラフィー、ダンス、パフォーミングアートを担当。

Organizers:
Global Art Practice, Graduate School of Fine Arts Tokyo University of the Arts
主催:
東京藝術大学大学院 美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻(GAP)

Tokyo University of the Arts and Beaux-Arts de Paris, Global Art Joint Project 2018 [ Art as Experiment: Performing the School ] | 東京藝術大学 x パリ国立高等美術学校 グローバルアート共同プロジェクト2018「ART AS EXPERIMENT: Performing the School| アートは実験であり、学校はパフォーミングの場である」

Date:Saturday, July 21, 2020 18:30 p.m (Doors Open 17:30 p.m)
日時:2018年7月21日(土)17:30開場、18:30開演
Venue:Indoor Stone Garden Heaven, The Sogetsu Kaikan 1F
    〒107-0052 Tōkyō-to, Minato-ku, Akasaka, 7 Chome−2−21
会場:草月会館1F 草月プラザ 石庭「天国」
   〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目2−21

Global Art Practice (GAP) is a newly established MFA program in the Graduate School of Fine Arts at Tokyo University of the Arts. Our innovative curriculum is characterized by the Global Art Joint Project, a course organized jointly with leading art schools abroad.
Faculty, assistants, and students from these partner institutions and from Tokyo University of the Arts organize distinct courses with an emphasis on social art practice (the practice of contemporary art in society).
This performance and installation at the Sogetsu Kaikan on July 21st 2018 is the final presentation of an international, inter-institutional collaboration, in which a diverse group of 18 students and four educators from Tokyo University of the Arts and Beaux-Arts de Paris worked together to create a site for experimentation in dance, performance and installation.
The visions of the students, educators and the two institutions together form a unique experience at the intersection of art education and experimentation. Please look forward to its final presentation at the Sogetsu Kaikan in July.

Some works will be on view throughout the day from 9:30.

GAP Website: http://gap.geidai.ac.jp/

2016年に新設された東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻(GAP専攻)では、海外の芸術大学とのグローバルアート共同プロジェクトを実施しております。 教員と学生が国や大学の枠組みを超えてユニットを組み、ソーシャル・アートプラクティス(現代アートの社会実践)をテーマに、さまざまな交流授業を実践する取り組みです。 そのひとつであるパリ国立高等美術学校との共同プロジェクトでは、本年、両校の国際色豊かな学生18人と教員4人が、コラボレーションを通してダンス・パフォーマンス・インスタレーションの実験の場を作り、そこで制作した作品を2018年7月21日(土)に草月会館にて発表いたします。 学生、教員、そして両校のビジョンが交差し、美術教育と実験の交差するこの取り組みの成果に、どうぞご期待ください。 ※草月プラザ開館時間9:30より、インスタレーションなど一部作品を公開します。 広報資料(外部サイト) https://mailchi.mp/6270ab371731/gap

Organizers:
Tokyo University of the Arts, Les Beaux-Arts de Paris
Planned by :
Tokyo University of the Arts and Les Beaux-Arts de Paris, Global Art Joint Project 2018,Paris Unit
Cooperation :
Sogetsu Foundation; Institut Français – Ministère de l’Europe et des Affaires Etrangères et Ministère de la Culture; with the support of LUPICIA Co., Ltd.

主催 :
東京藝術大学 × パリ国立高等美術学校
企画 :
東京藝術大学 × パリ国立高等美術学校グローバルアート共同プロジェクト2018 パリ・ユニット
協力 :
一般財団法人草月会、Institut Français – Ministère de l’Europe et des Affaires Etrangères et Ministère de la Culture、株式会社ルピシア

Special Lecture|H0W T0 SUCCEED AS AN ARTIST IN THE ART W0RLD WITH0UT TRYING|Y0UNG-HAE CHANG HEAVY INDUSTRIES | 特別講義|アート界の中で トライせずに アーティストとして成功する方法|チャン・ヨンヘ重工業

Date:Monday, May 7, 2020 6:30 p.m. – 8:30 p.m. (JST)
日時:2018年5月7日(月)18:30 – 20:30
Venue:Lecture Room 1, 1st Fl. of the Central Building, Ueno Campus, Tokyo University of the Arts
会場:東京藝術大学上野校地美術学部 中央棟1F 第1講義室

International Joint Project
granted by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)
through its Program for Enforcing the Function of National Universities

OUNG-HAE CHANG HEAVY INDUSTRIES
http://www.yhchang.com/
YOUNG-HAE CHANG HEAVY INDUSTRIES is yhchang.com and Young-hae Chang (Korea) and Marc Voge (USA). Based in Seoul, they have written their signature animated texts set to their own music in 26 languages and shown many of them at some of the major art institutions in the world, including Tate,London, Centre Pompidou, Paris, Whitney Museum and New Museum, New York. They have been in the Venice and São Paulo Biennials, among others, won the Webby Award for best art Web site, received a Foundation for Contemporary Arts grant, and been Rockefeller Foundation Bellagio Center Creative Arts Fellows.

文部科学省国立大学機能強化事業[国際共同プロジェクト]

チャン・ヨンヘ重工業
http://www.yhchang.com/
ソウルを拠点に活動するチャン・ヨンへ重工業は、ヨンヘ・チャン(韓国)とマーク・ヴォージュ(米国)によるアーティストユニット。自ら作曲を手がけ26カ国語で制作されるテキストアニメーションは、テートギャラリー(ロンドン)、ポンピドゥー・センター(パリ)、ニューヨークのホイットニー美術館やニューミュージアムなど、世界の主要な美術館で発表されている。各国でのビエンナーレ(ベニス、サンパウロ)にも参加し、アートウェブサイト部門においてウェビー賞も受賞。ロックフェラー財団ベラジオセンター・クリエイティブ・アーツ・フェローの一員でもある。

Organizers:
Global Art Practice, Graduate School of Fine Arts Tokyo University of the Arts
主催:
東京藝術大学大学院美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻

GAP Unit Award Exhibition 2017 “Artwork to Describe Each Other’s Work.” | 2017年度GAPユニット賞展「相手の作品を自分の作品で記述する」

Date:Wednesday, 21 March 2020 – Suday, 25 March, 12:00 p.m. – 7:00 p.m. (JST)
日時:2020年3月21日(水)〜2020年3月25日(日) 12:00-19:00
Venue:Youkoubo Art Space
会場:遊工房アートスペース

Global Art Practice (GAP) is a graduate program, dedicated to fostering future leading artists with a global focus on social practice in contemporary art.
We are proud to present a two- person exhibition at Youkobo Art Space organized by students who excelled in the inaugural year of this program.

Artists :
Chiaki Haibara
Yusuke Muroi

 グローバルアートプラクティス専攻は、グローバルな現代アートの文脈で指導的な役割を果たすアーティストの育成を目的として2016年に東京藝術大学に開設された専攻です。この度、プログラム活動に大きく貢献した学生による選抜展を昨年に続き遊工房アートスペースにて開催致します。

 参加アーティスト
灰原千晶
室井悠輔

 

Co-organizer:Youkobo Art Space
共催:遊工房アートスぺース