Agathe Reille

アガサ・レイユ / Agathe Reille

私は23歳のアーティストです。パリで教育を受けて育ちました。小さい頃から彫刻、陶芸、絵画、ファッションデザイン、漫画、ドローイングなどに関心があり、特にドローイングを展開させて作家活動を行っています。
昨年からロンドンに住み始めました。既成概念にとらわれずクリエイティブな発想を得るには変化が大切だと思います。協働するプロジェクトにも興味があり、今年は「Remember Nature」や「Calorie Factory Publication」というファン雑誌の制作など様々なプロジェクトに関わりました。

アーティスト ステイトメント

私は記憶をテーマに制作を行っています。古代の記憶や変形された夢を喚起させるような淡いイメージを表現しています。
私は写真を元に制作を始めます。日常の個人的な写真の上にドローイングや記号を重ねます。これらのイメージを利用し、異なる時間軸に入り込むことで、過去に現在を投影したり過去の記憶を回想したりします。私は、自分自身の回想、記憶の図書館、見覚えのある場所、好きな色や既視感のある表情からイメージを引き出し、新しい記憶を作ります。
ぼかし、重層、消去などの方法を用いて、私は記憶のイメージを劣化させます。実際にあった出来事をあえて歪めることで、鑑賞者を誤った方向に導き、錯視を促す記憶の作用について問いかけます。ドローイングは新しい表象を創造し、自発的で、記憶に関係します。私はイメージの持つ不思議さとノスタルジアに向き合い、作品が提示する記憶と鑑賞者のそれとが共通のシンボルを介して重複することに関心があります。
姿を揺らがしながら私たちの心に作用する記憶の図書館について追求したいと思います。

I’m 23 years old French artist. I always lived and studied in Paris and since my youngest age I was interested in art practices such as sculpture, ceramics, paintings, fashion design, comics and drawing. And it is around drawing that I developed my practice.
Last year I decided to move to London. In fact, I believe changes are really important in order to develop creativity and push boundaries of the mind. Moreover, I am really excited about collective projects; this year I was part of numerous projects such as ‘Remember Nature’ or ‘Calorie Factory Publication’ which is a Fanzine.

Artist Statement

In my current practice, I’m exploring memory. I create pale images, like ancient memories, deformed dreams.
Photography is the first step in my work. I intervene on the photographs of my everyday- life with drawings and symbols, covering piece by piece the picture. I appropriate those images and by stepping in those moments I expose the present to the past, reminiscing old memories over again. I use my recall, images from my own library of memory, places that I knew, colors that I liked, familiar faces, to create new memories.
By using different techniques like blurring, superposition, erasing; I increase the degradation of the memory. I try to disturb the landmarks so I can mislead the spectator so he cannot know if it is actual memories imitating the faculty of the mind to trick us. Drawing becomes a new language of symbols, spontaneous, related to memories. I’m trying to approach a feeling of strangeness, nostalgia in the image. I try to call for the viewer reminiscence with common symbols so he can feel those memories are his.
The mind is working as library of memories that some times slip away from us and I would like to understand his mechanism.

Agathe1
v記憶される自然
紙にドローイング、蜜蝋、17 x 25cm 、2015年11月
‘Remember Nature’ Drawings on paper immersed into bee’s wax 17 x 25 cm Novembre 2015
Agathe2
集まり
トレーシングペーパー、写真、ドローイング、彩色、蜜蝋、9 x 13 cm、2016年
‘Constellation’ Drawings and paintings on photographs printed on tracing paper immersed into bee’s wax. 9×13 cm 2016