Aleksandra Koson

アレクサンドラ・コソン / Aleksandra Koson

Download: Portfolio(pdf:708KB)
email: olakoson[@]gmail.com

ポーランド出身。ポーランドでは、未だ美術に職人的技術や写実的な表現が求められ、古典主義の傾向が色濃く残る。ヨーロッパで最も古い美術大学の一つであるクラクフのヤン・マテイコ美術学校にてライフドローイング、絵画・版画技術の研鑽に励む。卒業後、大学では学べなかったコンセプトの展開や現代美術の表現に関心を持ち 、現在セントラル・セント・マーチンズ校ファインアート科修士課程に在籍している。

アーティスト ステイトメント

私は、視覚認識や表象などのテーマと、それらの概念が翻訳されて作品化されることに関心を寄せながら、創作活動と研究を行っている。 イメージ認識に共通するものを追求し、その視覚言語をイメージの連続によって表現したり、人間の認識や知覚に影響する私たちの周辺環境を記録したりする。特に素晴らしいと感じているのは、ランドスケープの構造やそのテクスチャーである。
私の尊敬するアーティスト、オラファー・エリアソンは「Seeing Yourself Sensing」(2001)と題するエッセイに以下のように記している。
「私が最近よく理解するようになったことは、いわゆる「自然」と私自身との関係や、身の辺りの風景の中を見て・感じて・動き回る私の能力についてである。そこには本当の自然は存在せず、在るのはあなたや私が構築するそれだ。ただ自然を見るだけの行為が、イメージ作り上げる。私たちはそのイメージを風景と呼ぶ。」
この言葉は、私たちの視覚認識のあり方や、アーティストが鑑賞者の知覚をどう操るかについて、興味深い問いを投げかける。つまりそれは、作品と、鑑賞者と、空間や時間との関係を概念化することであり、現実との積極的な対話だ。表現と表象の間にはっきりとした境界線はない。

I come from Poland, a country in which art is very traditional, and a great deal of attention is placed on developing manual skills and realistic mappings of reality. I graduated from the Jan Matejko Academy of Fine Arts in Krakow – one of the oldest art schools in Europe. In recent years, I have been developing my skills in techniques such as life drawing, painting and printmaking. After graduating, I decided to undertake a MA degree in Fine Arts at Central Saint Martins in London to develop my practice in a more conceptual way.

Artist Statement

My research interests and artistic practice include such areas as perception, representation, and how those concepts can be translated into a piece of work. I try to explore the analogy of picture perception and to present a visual expression of it as a sequence of images. I am also interested in documentation of our surroundings which have a basic impact on how we sense and see the world around us. My main focus concentrates on a landscape, especially on its structure and texture which I find really fascinating. One of artists I admire-Olafur Eliasson in his essay ‚Seeing yourself sensing’ (2001) wrote:

What I have come to know better is my own relation to so-called nature, my ability to see and sense and move through the landscape around me. (…) There is no truthful nature, there is only your and my construct of such. Just by looking at nature, we cultivate it into an image. You could call that image a landscape.

It poses an interesting question on how we perceive things and how can artists manipulate viewer’s perception. It is a conceptualization of the relation between the artwork and the viewer and the spatial, temporal conditions.

AleksandraKoson_Stepnaked
title: Step Naked into the Garden of Virtual Delights
dimensions: variable (as it is an installation)
materials: cardboard, digital print, sand, pebbles, projection
このプロジェクトでは砂と石で囲まれた平らな彫刻作品のインスタレーションを制作。未来的な風景をプロジェクターで重ねて展示した。壁面と彫刻作品に動画を投影し、部屋の中に風景を作り出した。スタンド、紙、石などの異なる素材とテクノロジーのを合わせたことにより、ノスタルジックで陰鬱なインスタレーションとなった。表象の概念とそれを知覚認識する意味について問いかけた。
Irene Sartorio - 3.AleksandraKoson_Otherstories
title: Other Stories
dimensions: 45 x 60 cm
materials: digital print
写真で抽象的なイメージを作成した実験的なプロジェクト。常識外れなエフェクトを取り入れた絵画のような写真の見せ方に関心を持った。アルミホイル、透明な板、紙や光を実験的に利用した。一般的な写真術からは離れ、単純なオブジェクトで複雑な構図を作り出した。
Irene Sartorio - 2.AleksandraKoson_Dreambox
title: Dream Box
dimensions: cube (45 x 45 x 45 cm)
materials: screenprinted perspex sheets
「無空間」というコンセプトでライトボックスを作成。心と想像の世界に存在可能な、物理的には進入できない場所である。想像上の風景をスクリーンプリントで刷られた4面のアクリル板で構成。この作品の制作過程で版画のメディアを実験的に利用し、3次元の作品制作やイメージからインスタレーションへの変換に興味を持った。