M.Lohrum

M・ローラム / M.Lohrum

Download:Portfolio(pdf:480KB)
website: www.mlohrum.com

1986年、スペインのカナリア諸島生まれ。幼少より音楽、ダンス、ドローイング、演劇等幅広い芸術分野に興味を持つ。2013年、ラ・ラグーナ大学にてファインアート科を卒業。在学中、現代社会への関心を軸に、主にドローイング、ビデオ、写真、インスタレーション作品を制作。テネリフェ島で多くの展示や、ミュージアムや文化施設等でのプロジェクトに関わり、また2015年より在住するロンドンでは複数のグループ展に参加している。現在セントラル・セント・マーチンズ校ファインアート科修士課程在籍。

アーティスト ステイトメント

私の作品は「不確かさ」という感覚を扱っている。この不安定な性質を持つ感覚は、ジグムント・バウマンが「液状化」と例え、またペーター・スローターダイクが「泡」と例えるように、新自由主義社会における現代の主題を特徴づけるものである。
私は、画像や音にさまざまな干渉を加えることで鑑賞者を混乱させ、はっきりとした知覚を困難にさせたり曖昧にしたりするような方法で、この不確かさの感覚を表現する。置き換え、並列、影の投影、記憶からのドローイング、収集、スフマート(ぼかし)、変形、歪曲などの手法を用い形を作っていくことで、曖昧で不正確な結果が生まれる。それは奇妙で心をかき乱すような現実の表現であり、私たちがいつも感じている終わりのない不確かさの表現でもある。
現在はビデオ、ドローイング、映像で制作をしており、今後これらを組み合わせた表現方法を追求しようと考えている。

Madeleine was born in 1986 in the Canary Islands, Spain. Since childhood, she always was interested in a wide range of Arts, such as music, dance, drawing or theatre. She graduated in BA Fine Art in the University of La Laguna on 2013, where she mainly specialized in drawing, video, photography and installation, with the focus of her concerns on the contemporary society. She participated in many exhibitions and projects in museums and cultural spaces in Tenerife and some group exhibitions in London, where she moved in 2015. She is currently studying MA Fine Art at Central Saint Martins.

Artist Statement

My work is concerned about the feeling of uncertainty that characterises the life of the contemporary subject in our Western neoliberal society, which Zigmunt Bauman describes as ‘liquid’ and Peter Sloterdijk as ‘foam’ because of its unstable nature.
This feeling of uncertainty is depicted in my work through ambiguity, applying different kinds of interferences to images and sounds that confuse the audience and make their clear perception difficult.
These interferences dress up the figures, and are either made through displacement, juxtaposition, shadow theatre, drawing from memory, fragmentation, assembly, sfumato (blurriness), deformation or distortion. They all produce the same ambiguous and inaccurate result, that depicts the wanted estrange and disturbing presentation of reality, and the sensation of never-ending uncertainty we all live under.
I’m currently working on video, drawing and sound, and starting to combine all of them together.

Madeleine Lohrum Strancari - M.Lohrum_Zone3_1
Still from video ‘Zone 3’ (5’ 29’’). 2013.
ビデオスチル 「Zone 3」より
Madeleine Lohrum Strancari - M.Lohrum_Untitled_2
Untitled. Graphite on paper. 464 x 20,5 cm. Work in progress.
紙にグラファイト、制作中
Madeleine Lohrum Strancari - M.Lohrum_Demonstration_3
Drawing from memory. Graphite and Ink on paper. 137 x 168 cm. 2015.
記憶からのドローイング、紙にグラファイトとインク、2015年