Tetsuro Ohashi

大橋鉄郎 / Tetsuro Ohashi

Download: Portfolio(pdf:616KB)
website: tetsuro-ohashi.wix.com/art-works

1994年北海道札幌市生まれ。2016年、札幌大谷大学芸術学部美術学科メディアアートコースを卒業。 現在、東京芸術大学大学院美術研究科に在籍。日常の些細な出来事や風景を拡大し、ドローイング、オブジェ、映像などのインスタレーションを制作する。主な活動に,「いつかきたみちこどもみち」500m美術館(札幌市),「Always the Young Stranger」CAI02(札幌市),「思考する事物によって」halle(札幌市),「おとどけアート」札幌市立北陽小学校(札幌市)などがある。

アーティスト ステートメント

幼い頃は地面がとても近くにあり足元がよく見えていたので、物を拾うことが多かった。そしてそれは私の癖になり、大人になった今もなんとなく落ちてるものが気になってしまう。今は少し視点が高くなったからか、もっと多くのものが気になるようになった。消えかかった白線や工事によって切られたアスファルト、風に舞うビニール袋、アパートのベランダの並び、誰かの落とし物。

このように日常は、気に留めないような、とてもちいさな物事の積み重ねによって作られる。それらの物事は私たちの意思とは関係なくそこにあり、私たちはだれかが作り上げている日常の中で生活をしている。そう考えながら周りを見ると、そこには多くの人の意識や物語が隠れていることに気がつく。落とし物には落とした人の物語が隠れているように、誰かが作った風景からは、その相手の存在が見えてくるのだ。

私は、このような日常で目にする様々な物事のイメージや物語を拾い集めて作品の中で再構成する。それは誰かの作った日常に対する応答のような行為である。
落ちているものをなにかになりそうと思って拾い上げ、別の形に変えることが私にとっての世界とのリアルな繋がり方なのである。

Born in 1994 in Sapporo , Japan. He received his BFA from Sapporo Otani University. He currently studies at Global Art Practice MFA program, Tokyo University of the Arts. He constructs site-specific installations that isolate everyday moments usually left unnoticed for their ordinariness. The installations reproduce such moments using sculpture, movie and drawing. Selected exhibition: Itsuka kita michi kodomo michi, 500m underground Walkway Gallery, Sapporo (2016); Always the Young Stranger, CAI02 gallery, Sapporo (2015); Drawing Lab, halle atelier and alternative space, Sapporo (2015); Otodoke Art, hokuyou elementary school, Sapporo (2015); Sapporo Art Stage, Sapporo Underground Pedestrian Space Station, Sapporo (2015).

Artist Statement

I construct site-specific installations that isolate everyday moments usually left unnoticed for their ordinariness. The installations reproduce such moments using sculpture, moving image and drawing.

What are the components of everyday scenery?

There are neither big events nor special situations in everyday life; rather, everyday life is made up of the accumulation of tiny events. The cuts in asphalt created by road construction, the flowers planted by somebody to make a beautiful garden, or the curbstones lined irregularly by sloppy construction― they exist regardless of my will, and create my daily living space.

Being able to see the presence of others through one’s daily living space is very humorous.

As our everyday scenery is changed by various reasons and events, before anyone knows it a completely different environment has been created. By reproducing “daily living space,” I reconstitute these trivial events from a new viewpoint.

Tetsuro_MyWork_1
彼らが私たちのまわりをつくっている
2016
インスタレーション
ビニール袋、アスファルト、写真、扇風機、モーター 他
They’re making our landscape.
2016
Installation
Plastic bag, asphalt, photography, fan, motor etc.
Tetsuro_MyWork_2
A Scenery Can be Viewed by Becoming Upside Down.
2016
Video installation
Plastic bag, helium gas
it is Inspiration of this work.