Yukari Sakata

坂田ゆかり / Yukari Sakata

Download: Portfolio(pdf: 1.1MB)
website: http://yukarisakata.com

坂田 ゆかり 演出家
1987年東京生まれ。幼少から作曲を始め、2005年東京藝術大学入学後、演劇に転向する。2009年卒業後、全国の劇場で舞台技術スタッフとして研鑽を積む。2013年より静岡県舞台芸術センター(SPAC)創作・技術部に所属し、世界各国のアーティストたちの創作現場に参加する傍ら、自身も演出活動を再開。2015年、日本の戦後詩の継続的な上演を目指し、長期創作計画「四千の日と夜プロジェクト」を始動した。現在、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程グローバルアートプラクティス専攻在学中。

アーティスト ステイトメント

 私はコラボレーションによって作品を創造する。パフォーマーを見て、話をする。この単純な2つの交流手段によって、他者の言葉をパフォーマー自身が獲得するのを助ける。「人は他者の言葉を話せる」と、私は信じている。他者とはあらゆる異質な者たちを意味し、それは死者さえも含む。
 しかし、口だけで言葉が語られることはない。そのためパフォーマーは常に身体の内側すべてを鍛えなければいけない。彼らはちょうど、新しい言葉とともに新しい人生を始める赤ん坊のような存在だ。同様に私は、外側から観る目を鍛える。外から彼らの声を聴く耳を鍛える。
 パフォーマーは、他者の言葉へ向けて身体を開く。そして、そのことによって世界と接続する。私は彼らのrebirth(生まれ直し)の目撃者となり、さらに新しい対話を生み出す。私はこのようなコラボレーションのプロセスを通じて、人と世界の新しい関係を結びなおそうと試みる。そして、私たちの限られた生を、過去と未来に拡張することに挑戦する。

Yukari SAKATA  Director
Born 1987 in Tokyo, Sakata began composing music at a young age. In 2005, she entered Tokyo University of the Arts, where she found her interests in theatrical arts and started directing. She received her B.A. in 2009. After taking part in numerous projects as a technician in theatres all over Japan, she started working as an independent theatre director. In 2015, Sakata initiated the Four Thousand Days and Nights Project, which is a long-term plan to create performances about poetries of post-war Japan. She currently studies at Global Art Practice MFA program, Tokyo University of the Arts.

Artist Statement

My creativity relies on “collaboration.” I observe a performer, and then I talk with the performer. These two simple steps of communication help performers install other people’s words and stories. I believe that people can speak languages of others, including that of the enemy, or even the dead.

However, a story cannot be told by the mouth alone. Performers must therefore constantly train the whole of their bodies for acting. Through that, they adjust themselves to be inside the stories of others. I train as well—my eyes, which observe from the outside, and my ears, which listen to the voices of the performers, who seem just like infants, starting brand new lives with their new words.

Performers are connected to the world by opening their bodies to the stories of others. I watch them once more, become a witness of their rebirth, and produce a new dialogue. Through this process of collaboration, I attempt to rebuild new relationships between individuals and the world, thus challenging to extend our limited existences into the past and towards the future.

Yukari_MyWork_1
“羅生門|藪の中
アルカサバ・シアター(パレスチナ)との国際共同創作
2014年11月
69分
豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと
フェスティバル/トーキョー14 メインプログラム
原作:芥川龍之介「羅生門」「藪の中」
参考:『羅生門』(脚本:黒澤 明、橋本 忍)、『Rashomon- A Drama in Two Acts』 (Fay Kanin and Michael Kanin)

Rashomon
Co-creatied with Al-Kasaba Theatre [Palestine] November 2014
69 minutes
OWL SPOT Toshima Performing Arts Center
Festival/Tokyo 14 – Main program
Based on “Rashomon” and “In A Grove” by Ryunosuke Akutagawa
Also inspired by “Rashomon” (screenplay) by Akira Kurosawa, Shinobu Hashimoto; “Rashomon” (play) by Fay Kanin, Michael Kanin”

Yukari_MyWork_2
プロゼルピーナ
同年秋葉原で起こった通り魔事件を下敷きとし、ローマ神話をモチーフとした短編戯曲を演出した。
2009年3月
46分
東京芸術劇場 小ホール2
フェスティバル/トーキョー09春
作:ゲーテ
翻訳:三島由紀夫

Proserpina
Directed a performance on the phantom killer
in Akihabara, Tokyo, using a Roman mythology as a bace.
March 2009
46 minutes
Tokyo Metropolitan Art Space
Festival/Tokyo 09 Spring
Text: Johann Wolfgang von Goethe
Translation: Yukio Mishima

AYukari_MyWork_3
BOMBSONG
ある女性自爆テロリストに関するモノローグを演出した。
2008年3月 初演
38分
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
国際ドラマリーディングフェスティバル
作:テア・ドルン
翻訳:林 立騎

BOMBSONG
Directed a monologue about a female self-bombing terrorist.
Premiered in March 2008
38 minutes
Arterio Theater, Kawasaki Art Center
International Drama Reading Festival
Text: Thea Dorn
Translation: Tatsuki Hayashi