Kazuyuki Hashimoto

space_design_studio_hashimoto

橋本 和幸 / Kazuyuki Hashimoto

東京藝術大学デザイン科大学院修了後、インテリアデザイナーとしてホテル、住宅、商業施設などのインテリアデザインを多数手がける。2006年より東京藝術大学美術学部デザイン科准教授。デザインやアートの境界を設けず、既成概念にとらわれないインテリアデザイン・家具・照明・立体造形などの表現を研究。展覧会など社会に向けた実践的な活動を通して、新たな価値を再定義し、豊かな生活空間を作り上げる事を目的としている。近年では「光州デザインビエンナーレ2015」の日本ブースのデザインとキュレーションを指名され、日本のデザインの紹介を行った。昨年、栗林公園で開催された「複雑なトポグラフィー ー庭園」にて移動茶室を出品し、地元の高校生たちとお茶のワークショップやパレードを行い話題となった。
img_kazuyuki_hashimoto