特別講演会|アーティストとして政治的であるとはどういう意味があるのか。|田中功起



KokiTanaka_Poster
 


文部科学省国立大学機能強化事業[国際共同プロジェクト]
東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 特別講義会

アーティストとして政治的であるとはどういう意味があるのか。|田中功起

日時:2017年7月25日[火]午後6時00分―8時00分
会場:東京藝術大学上野校地美術学部中央棟1階 第1講義室
主催:東京藝術大学大学院 美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻
共催:美術研究科 先端芸術表現専攻・絵画科油画専攻
対象:全学年・全学科

授業は英語で行います。
世界で活躍する田中氏の英語講演を日本で聴く貴重な機会です。英語が得意な方もそうでない方も、ぜひ奮ってご参加ください。

 


田中功起|Koki Tanaka
Born in 1975;  lives and works in Kyoto, Japan.
In his diverse art practice spanning video, photography, site-specific installation, and interventional projects, Koki Tanaka visualizes and reveals the multiple contexts latent in the most simple of everyday acts. In his recent projects he documents the behavior unconsciously exhibited by people confronting unusual situations, e.g. a haircut given by nine hair stylists or a piano played by five pianists simultaneously, in an attempt to show an alternative side to things that we usually overlook in everyday living.
He has shown widely: the Kunsthaus (Graz), the Kunsthaus (Zurich), the Hammer Museum(Los Angeles), VanAbbe Museum (Eindhoven), the ICA (London), the Mori Art Museum(Tokyo), Skulptur Projekte Münster 2017, 57th Venice Biennale 2017, the Liverpool Biennial 2016, the 55th Venice Biennale 2013, Yokohama Triennial 2011, the Gwangju Biennial 2008, the Taipei Biennial 2006 (Taipei). He received a special mention as national participation at the 55th Venice Biennale, 2013, and Deutsche bank artist of the year 2015 award.

 


本件問合せ先
大学院 美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻
Tel: 050-5525-2589
gap-contact@ml.geidai.ac.jp