東京藝術大学 x パリ国立高等美術学校 グローバルアート共同プロジェクト2017「全体と部分 / THE WHOLE AND THE PART」






TOKYO数寄フェス2017関連企画 |谷中アートプロジェクト
東京藝術大学 x パリ国立高等美術学校 グローバルアート共同プロジェクト2017
「全体と部分 / THE WHOLE AND THE PART」

開催期間:11月10日(金)ー11月19日(日)
時間:11:00-17:00
会場:上野谷中地域 | 市田邸 | 旧平櫛田中邸 | 旧谷邸
休館日:11月14日(市田邸のみ)
主催:東京藝術大学、パリ国立高等美術学校
協力:岡山県井原市、NPO法人たいとう歴史都市研究会、真下家、
晶地域文化研究所・椎原晶子、株式会社ルピシア、香川大学創造工学部
企画:東京藝術大学×パリ国立高等美術学校

グローバルアート共同プロジェクト2017パリ・ユニット
http://gap.geidai.ac.jp/whole-part-2017

2016年に新設された東京藝術大学大学院 美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻では、海外の芸術大学と連携して交流授業を行っております。そのひとつであるパリ国立高等美術学校との共同プロジェクトでは、本年度、谷中・上野桜木地域の三軒の古民家を会場として、展覧会を開催いたします。
個性豊かな両校16名の学生が「The Whole and The Part / 全体と部分」というテーマを掲げ、交流授業を通じて培った経験をもとに制作した作品を展示いたします。
個性あふれる若きアーティストたちの試みに、どうぞご期待ください。