全体と部分 | THE WHOLE AND THE PART

開催期間:11月10日(金)ー11月19日(日)
時間:11:00-17:00
会場:上野谷中地域(市田邸、旧平櫛田中邸、旧谷邸)
休館日:11月14日(市田邸のみ)

Period:10 – 19 November 2017
Open hours:11:00 -17:00
Venue:Ueno Yanaka District 上野谷中地域
(Ichida House, Former Hirakushi Denchu House, Former Tani House)(市田邸、旧平櫛田中邸、旧谷邸)
Closed:14 November(Ichida House only)

Exhibition | 展覧会について

本展覧会は、東京藝術大学とパリ国立高等美術学校の国際色豊かな両校学生16人が、フランスと日本での数ヶ月に渡る交流で得た経験をもとに「The Whole and The Part / 全体と部分」というテーマに向き合い、東京・谷中の人々の暮らしに寄り添いながら制作した作品を発表する展覧会です。

Over the course of six months, a diverse group of 16 students from TUA and ENSBA have worked together in France and Japan. This exhibition showcases student works created alongside the residents of Yanaka, Tokyo, based on the theme The Whole and The Part.

「全体と部分」は、パリ国立高等美術学校のエルザ・カヨ教授が学生たちに作品制作の原点として提案した言葉です。人間の身体が手や足などの部分だけでは機能しないように、細部はより大きな全体の一部となったとき大きな価値を持ちます。また、2016年4月に新設された東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻(GAP専攻)では、アーティストがより大きな世界の一員として、社会実践(ソーシャル・プラクティス)を行う存在になることを目指しています。

Professor Elsa Cayo of Les Beaux-Arts de Paris often tells students that the concept of “the whole and the part” should be the starting point of their artworks. Just as the human body cannot function with hands and feet alone, the details gain significance when they become parts of a greater whole. Global Art Practice (GAP), an MFA program established in April 2016 in the Graduate School of Fine Arts at Tokyo University of the Arts, also aims to foster artists who engage in social practice as members of a larger world.
“Exhibition | 展覧会について” の続きを読む