Cian-Hua Wang | 王 千華

1994年東京生まれ、台湾育ちの王(ワン)は、国立台湾師範大学日本画および水墨画専攻で学士号を取得。現代社会の心象風景や個人のための空間を興味の対象とし、日常生活における内的および外的関係について考え、記録するための空間を再構築しようと試みる。近年参加した展覧会に台湾のデ・チュンギャラリーにおける「プラント・アンド・ミート」(2015年)、「ボックス・プロジェクト」(2016年)など。現在、東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻に在学。

Born 1994 in Tokyo, Japan and brought up in Taiwan. Wang received her BFA from National Taiwan Normal University, majoring in Chinese ink painting and Japanese painting. In her work, Wang is mainly concerned with mental states in contemporary society and ideas of personal space. She recreates these spaces to try to record and think about internal and external relations in daily life. Her recent exhibitions include, Plant and Meat (2015) and The Box Project (2016) at De-chung gallery, Taiwan. Wang currently studies in the Global Art Practice MFA program at Tokyo University of the Arts.