Mathie Laborie | マティ・ラボリ

1990年フランス、ベルジュラック生まれ。現在パリを拠点に活動。2013年6月にピレネー高等美術学校で学士号を取得後、ポー市を後にしパリ国立高等美術学校に入学。4年間で2つの学士号を取得し、現在修士号の取得に取り組んでいる。ラボリの作品は、形態の本来の姿を捕捉したいという意欲の発露であると言える。まず写真とドローイング、そして彫刻を用いてマテリアルを具体的に捉え、理解しようとする。さらにそこで生まれた状態を、アトリエで単純な形に落とし込み、作品化する。

Born 1990 in Bergerac, France, Laborie currently lives and works in Paris. She graduated in June 2013 with a DNAP from Ecole supérieure d’art des Pyrénées, and Laborie left the city of Pau to enter Beaux-Arts de Paris. In four years she obtained two diplomas and is currently continuing her studies as a post-graduate. Her practice expresses the desire to grasp the intrinsic life of forms. Firstly, photography, drawing and sculpture help her to concretize her need to capture the material in order to better understand it. Secondly, in the studio, she tries to define what emerges from these media through simple forms.