Victor Giannotta | ヴィクター・ジャンノッタ

1994年生まれのジャンノッタは、パリのENSAAMAで3年間オブジェクト・デザインと家具のデザインを学び、コペンハーゲンに1年滞在した後、パリ国立高等美術学校で研究を継続している。現在エルザ・カヨ研究室に在籍。 主な表現手法にドローイングやテキストを用い、木や石といった自然物を使うことも多い。また、あらゆる形態の容器に魅了されている。 エディトリアルやアーティスト・ブックの制作を通じて、アート作品が発表される場のあり方について検討することにも関心を持つ。

Email: apartgalerie@gmail.com
Website: sepaworld.tumblr.com

Born in 1994, Giannotta studied object and furniture design for three years in ENSAAMA olivier de serres, lived in copenhagen for a year and got in to Beaux-Arts de Paris for ongoing studies. He is currently involved with Elsa Cayo’s studio. He is mainly drawing, writing, displacing natural elements such as wood or stones, and obsessed with all types of containers. In addition, he is interested in editorial works and artist’s books which are a way for him to reconsider the way art should be shown.