News


グローバルアートプラクティス専攻

2016年4月から大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻(GAP専攻)修士課程を新設しました。GAP専攻は、グローバルな文脈で現代アートの社会実践を志向する研究と人材育成を目的とする専攻です。本専攻は、日本を越えてオルタナティブなネットワークや相互の社会関係を拡大するものです。国際的に活躍するアーティストや世界のトップクラスの専門家の指導による本専攻は、大学院生がアーティストや研究者してとして指導的な役割を果たせるために、柔軟に構成された革新的なプログラムを開設します。

About Global Art Practice

As of April 2016 Global Art Practice (GAP) MFA course is established in the Graduate School of Fine Arts at Tokyo University of the Arts (TUA). The GAP focuses on the research and education around social practice of contemporary art today within a global context. It expands alternative networks and social interactions beyond Japan. The course, led by international artists and artsprofessionals, offers innovative programs in a flexible, specially designed format to enable graduate students to develop leadership roles as artists and researchers.