ルアンルパ : 社会実践論

今村有策
東京藝術大学
グローバルアートプラクティス専攻教授


 「私たちの対話はinefficientなんです。多分、ここにいらっしゃる大学の皆さんは efficientなことを求めていらっしゃるとは思いますが……笑」。先日のある国際フォーラムでのルアンルパ代表アデ・ダルマワンの発言だ。

 ルアンルパが提供する価値観は多様で寛容で、対峙するような結論を前提とするのではなく、対話を続けるプロセスそのものを重要視している。そこには歴史的、文化的な背景がある。30年以上独裁政権が続いた90年代末、インドネシアをアジア通貨危機が襲いインフレと失業、社会不安が増大した。5人以上人が集まるときには届け出をしないと逮捕されるような時代。社会システムを与えられたものではなく、自分たちで作り上げなくてはならないと学生たちは立ち上がった。ルアンルパの活動もそのときに始まった。1万3千以上の島と500以上の言語が存在し、多様性を持つインドネシア。そこでは違いを認めながら対話をすることこそが重要だ。

 ルアンルパはまず自分たちのスペースを確保し、そこにまず「リビングルーム」を作っていった。最初は四畳半ぐらいの大きさから(「ルアンルパ」 はインドネシア語で「部屋の形」を意味するという)。そのときからずっと対話が続いている。2022年の「ドクメンタ15」のアーティスティック・ディレクターに選出されたルアンルパは、ドクメンタに特別なものを計画するのではなく、カッセルに彼らの活動そのものを持っていくという。彼らのシェアの思想を表した「ルンブン(米倉)」。それがこれからの時代の社会づくりにじっくりと影響を与えていくだろう。世界中から注目され、大忙しの彼らが、ここGAPで1週間、ワークショップを行なってくれた。この種はどのように育っていくだろうか。


———-
授業実施: 2019年10月17日- 21日
教員: イスワント・ハルトノとレザ・アフィシナ(ルアンルパ)

特別公開講義 | ルアンルパ:スペース: 知識と経験を共有することに参加する形と場
会場:東京藝術大学 取手キャンパス

SPS_ruangrupa

ruangrupa : GAP Social Practice Seminar

Yusaku Imamura
Professor of Global Art Practice
Tokyo University of the Arts


“Our dialogue is inefficient. Probably all of you here at the university are seeking something efficient…(laughs)” These are the words of Ade Darmawan, representative of ruangrupa, spoken at a recentinternational forum.

The values that ruangrupa offers are diverse and reflect tolerance, placing importance on the process of continuing the dialogue itself rather than the premise of confronting the listener with conclusions. There is a historical and cultural background to such thinking. In the late 1990s at a time when the dictatorship had continued for more than 30 years, Indonesia suffered from the Asian Financial Crisis, leading to rising inflation, unemployment and social unrest. It was an era in which you would be arrested if five or more people gathered without asking prior permission. Sensing that the social system is not simply something provided, but must be built by the people themselves, students took action. The activities of ruangrupa also began at that time. Indonesia is a diverse country, consisting of more than 13,000 islands on which more than 500 languages are spoken. That is why it is important to talk while admitting differences.

ruangrupa first secured a space of their own, and started by creating a ‘living room.’ Initially, the size was approximately that of 4.5 tatami mats (‘ruangrupa’ means ‘the shape of a room’ in Indonesian). The conversation has continued since then. Appointed as Artistic Director of Documenta 15 in 2022, ruangrupa are not planning anything special and will instead transfer their activities to Kassel unchanged. ‘Lumbung’ (rice barn) expresses their idea of sharing. This will surely have a profound effect on the creation of societies in the coming era. Even though they are attracting attention from around the world and fully occupied with work, they agreed to hold a weeklong workshop here at GAP. How will this seed grow?


———-
Course period: October 17- 21, 2019
Tutor: Iswanto Hartono, Reza Afisina (ruangurupa)

Special Lecture: Artist Collective-Space as a form and place where we take part in distributing knowledge and experience Venue: Ueno campus, Toride campus

SPS_ruangrupa

今の時代に大学院課程で文化を超えた実践と連携が必要なのはなぜか:希望と野心の目指す先とは?

ポール・ヘイウッド
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校
アート、パフォーマンスおよびプログラム X 美術学部長


何もない。希望もない。野心もない。特別な目的もない。

文化への熱い思いや意欲を失わせるネガティブで人を萎縮させるような言い方だ。あるいは、それは文脈から生まれ出た言葉なのかもしれない。

東京藝術大学とロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校は芸術とデザインを専門とする教育機関で、どちらもその世界的な影響力、輝かしい功績、同時代の文化的景観への関わりの深さなどにおいて評価されている。私たちは国際パートナーシップ・協力体制という領域で個性を発揮していくため、連携することを選択した。文化的・社会的変化を生み出す手段として、学生の持つ力と協力体制を前面に押し出すことにした。相互承認に向けて長期的な取り組みを開始し、価値と視点の丁寧な交換につなげていく。未来を見据えたShared Campus(シェアドキャンパス)で経験から知を育てていくことを視野に、専門性を持った他大学と積極的かつ戦略的に連携の輪を広げている。

私たちはこれらのことを、特別な希望や確固たる野心を抱くことなく、目的なしにやっている。

多様性や様々な視点に立脚しない「正統派」の立場や支配的な声を積極的に疑うべき時代はとっくに過ぎた。何か一つのことを目指す時代は終わったのだ。なぜならすべての可能性を想像しなければならないから。時代は今、ポジティブな行動を積み重ねるその過程に希望を見出す。次世代の人々、学生たちは、野心的な目標を持たずとも行動できる。即時性があるからだ。彼らの努力や言葉は「今」に意味を持つ。特定のゴールはない。代わりにそこには複数の視点と複数の解があり、それらがより平等な環境と社会のあり方を要求し、ポジティブな成果を公平に分配することを求める。

文化を超えたコラボレーションは必要なのではない、必要不可欠なのだ。私たちが人類を信じるなら、そこに国境はない。私たちがグローバルな解決策を必要とするなら、国をまたいだコミュニティが必要だ。私たちの未来を保証するためには、個人がそれぞれの現実から考えられることが重要だ。そして私たちが教育に情熱を注ぐなら、自分たちの優先順位の外に出て学ぶ必要がある。

Why is it necessary to have a graduate program on transcultural practice and collaboration in our time; what is the object of our hope and ambition?

Paul Haywood
Dean of Academic Programmes
Art Performance and Programme X UAL
Central Saint Martins


There is nothing. We don’t hope. We have no ambition. There is no particular point.

Negative and reductive phrases that are immediately demotivating and undermining of cultural aspiration. Either that, or words presented out of context.

Tokyo University of the Arts and UAL: Central Saint Martins are two educational institutions specializing in Art and Design that are each recognized for their global influence, the excellence of their legacy, and the depth of their impact on contemporary cultural landscapes. We have chosen to work in consort, to affect distinctiveness in the area of international partnership and collaboration. We have elected to forefront student agency and co-operation as a means of seeding change (cultural and social). We have initiated a long-term commitment to mutual recognition as a route to a genuine exchange of values and perspectives. We are actively and strategically connecting to a much wider network of specialist Universities in the interest of a future facing Shared Campus that harvests wisdom from experience.

We are doing all of this for nothing, with no particular hope and no fixed ambition.

It is way past the time when we should start to actively doubt orthodox positions and dominant cultural voices that have no basis in diversity or a range of insights. It’s time to want nothing, because we need to imagine everything. It is the moment to capture hope in the processing of positive actions. The next generation, our students, can work without ambition because there is an immediacy; their efforts and discourses are meaningful in the now. There is no particular point, because there are multiple perspectives and multiple solutions that demand a fairer environmental and social ecology and a more equitable distribution of positive outcomes.

It is not necessary to grow transcultural collaborations, it’s essential. If we believe in humanity, there are no national borders. If we need global solutions, we need international communities. If our future is to be assured, it is vital that our individuals can connect their realities. And, if we aspire to education, we have to start to learn from outside of our own priorities.