House of My Emotion|HOME : ハウス オブ マイ エモーション展

Date:
First show: Thursday, 4 March – Monday, 8 March, 2021
Second Show: Thursday, 25 March – Monday, 29 March, 2021
11:00 a.m. – 5:00 p.m. (JST)
日時:第一部:2021年3月4日(木)ー3月8日(月)、第二部:2021年3月25日(木)ー3月29日(月)11:00-17:00
Venue:Youkobo Art Space
Zempukuji 3-2-10, Suginami-ku, Tokyo, 167-0041 Japan
会場:遊工房アートスペース
〒167-0041 東京都杉並区善福寺3-2-10

Selected group show from GAP first year students, suported by Youkobo Art Space.

Talk event:
March 26(Fri) 19:00-
Please refer to instagram account

Instagram account:
https://instagram.com/house_of_my_emotion?igshid=nyo14nu8wqc2

2020年度、グローバルアートプラクティス専攻修士一年生優秀者選抜展を今年も遊工房アートスペースにて開催いたします。遊工房アートスペースとの協働による若手アーティスト支援プログラム、ぜひご高覧ください。

トークイベント 3月26日(金)19:00〜
詳細はインスタグラムよりご覧ください。

インスタグラム アカウント:
https://instagram.com/house_of_my_emotion?igshid=nyo14nu8wqc2

Artists:
Rin Takahashi [Japan],Mariana Kameta [Mexico],Xiaotai Cao [China]
参加アーティスト:
高橋凛 [日本]、亀田マリアナ[メキシコ]、曹暁泰 [中国]

How can we get the grants from European foundation |欧米の財団から助成金を取ろう!日本からも申請できる

“How can we get the grants from European foundation” by NY Artist, Ms. Takashima. | 「緊急開催」NYのアーティストRicaさんに聞く「欧米の財団から助成金を取ろう!日本からも申請できる」

Date:Saturday, 27 February 2021, 11:00 a.m. – 12:30 a.m. (JST)
日時:2021年2月27日(土)11:00-12:30
Venue:Held online(via ZOOM)
Zoom ID: 931 1262 6167
passcode: 220584
*provided in Japanese
会場:開催形式:オンライン
ミーティング ID:931 1262 6167
パスコード:220584
使用言語:日本語

Speaker : Rika Takashima
She is an artist who focuses on public art. Her 4 framed manga is currently serialized on NY Japion.

講師:リカ高嶋
パブリックアートを中心にしたアーティスト。
NYの週刊ジャピオンに4コマ漫画を連載中。

Speaker:
Rica Takashima
講師:
リカ高嶋

There but not here | そこにいて ここにいない

There but not here | そこにいて ここにいない

Date:Wednesday, 13 January – Sunday, 7 February 2021,
Monday-Thursday, Sunday : 12:00 p.m. – 6:00 p.m.(JST), Friday and Saturday: 12:00 p.m. – 8:00p.m.(JST)
Tuesday, February 2 (The gallery is open on February 3 and 4, but the cafe is closed) The gallery has temporary closures. Please check the official Instagram before your visit.
日時:2021年1月13日(水)ー 2月7日(日)
月曜ー木曜、日曜:12:00-18:00、金曜、土曜:12:00-20:00
2月3日と4日はギャラリーのみオープン、カフェはお休みです。
Venue:HAGISO, 3-10-25 Yanaka Taito-ku, Tokyo
5 minutes walk from 2 exit, Sendagi station, Subway Chiyoda Line / West exit, North entrance, JR Nippori station
会場:HAGISO 東京都台東区谷中3-10-25 HAGISO
JR日暮里駅 北改札西口/地下鉄千駄木駅2番出口より徒歩5分

2020年、世界中でパンデミックが起こり、私たちの活動の中心は家とインターネットとなった。 一見不利に感じるこの現状は、もしかしたらアートのかたちを見直すきっかけになるかもしれない。 もっと私たち人間のごく身近な日常、原始的な感情に寄り添った身の回りの芸術を眺めてみたい。 そして仮に、そのごく身近な芸術によって、今まで見逃していた風景や新しい「もの」の見方に気付くことが出来るならば、私たちが乗り越えなければならないこの大きな変換期は少しだけ「ハッピー」なものになるのではないだろうか。

URL
https://hagiso.jp/

Participating Artists:Shuji Inoue, Xu Yang, Ayako Sakuragi
アーティスト:井上修志、XU YANG、櫻木綾子

Online Special Open Lecture: How to live a better life as an artist under different circumstances (including COVID-19)オンライン特別公開講義

Date:Monday, 1 February 2021, 7:00 p.m. – 8:30 p.m. (JST)
日時:2021年2月1日(月)19:00-20:30
Venue:Venue: Online (via Youtube)
Link: https://youtu.be/-DOrwhDG56U
*English only
会場:会場:オンライン(Youtube)
リンク:https://youtu.be/-DOrwhDG56U
※英語のみ

Lee Kit is known for his installations which use various media such as projector light, videos, sounds, words and found objects, and his artworks make tranquil space and expand on the concept of ‘paintings’. Having been born and raised in Hong Kong, a city that has been susceptible to political turbulence, Lee has been conscious of the current socio-political climate. His thoughts and actions that support this will provide great inspiration for our department, which is engaged in making and research while considering art in the global age.

In this open lecture, Lee will introduce his past activities and think about how to live better in today’s difficult environment, together with the students who are currently exhibiting at the graduation exhibition. Please have a look!

リー・キットは、プロジェクターによる光、映像、音、言葉やファウンド・オブジェなどの素材を使って「絵画」の概念を拡張した静謐な空間インスタレーションを制作することで知られています。植民地時代から現在に至るまで政治に翻弄され揺れ動く都市、香港を出自にするリーは、同時代の社会や政治状況に対しても大きな問題意識を持ち、それを支える思考と行動は、グローバル時代におけるアートを考察しながら制作・研究を行う当専攻に大きな示唆を与えてくれることでしょう。

本講義では、彼の今までの活動を紹介してもらいながら、昨今の困難な環境の中でより良く生きる方法について、修了展に現在出展中の学生と共に考えます。ぜひご視聴ください。

Guest artist : Lee Kit
Moderator: Yusaku Imamura (GAP, Professor)
Tutor: Shuji Inoue (GAP, M2), Koji Kato (GAP, M2)
Organizer: M2 Students in Global Art Practice
Cooperation: ShugoArts
ゲストアーティスト:リー・キット
司会進行:今村有策 (GAP専攻教授)
担当:井上修志(GAP専攻M2)、加藤康司(GAP専攻M2)
主催:東京藝術大学大学院グローバルアートプラクティス専攻(GAP専攻)学生有志
協力:シュウゴアーツ

2021 Global Art Practice Program MFA Thesis Presentation| 修士論文発表会 東京芸術大学 GAP専攻

2021 Global Art Practice Program MFA Thesis Presentation| 修士論文発表会 東京芸術大学 GAP専攻

Date: Saturday, 30 January 2021, 6:00 p.m. – 7:30 p.m. (JST)
日時:2021年1月30日(土)18:00-19:30
Venue:Held Online (via Zoom)
Zoom ID and Passcode as listed on Image
会場:オンライン(Zoom)にて開催 Zoom ID、パスコードは画像に記載
参加・退出自由

Presenters
Naoto John Tanaka
Thesis Titles
“Why was a 2nd Geidai Campus Opened in Omonma?”
An Attempt to Structure a History of Toride Campus, Tokyo University of the Arts, from Records and Voices.

Hyunjoo Cho
A Narrative Inquiry on Career Sustenance of Contemporary Artists

発表者/発表内容

田中ジョン直人
記録と証言による東京芸術大学取手校地史の構築の試み
-開校までの経緯を中心とした「小文間の藝大第2キャンパス」の意味付け


曺賢珠
現代美術作家のキャリア形成と持続に関する研究-ナラティブをもとに-

Presenter:
Naoto John Tanaka, Hyunjoo Cho
発表者:田中ジョン直人、曺賢珠

Open Studio | Art As Experiment: Body in the Kitchen | オープン・スタジオ |「Art As Experiment: Body in the Kitchen 」

Date:Friday, 4 December 2020, 5:30 p.m. – 6:30 p.m. (JST), 9:30 a.m. – 10:30 a.m. (Paris UTC), 8:30 a.m. – 9:30 a.m. (London GMT)
日時:2020年12月4日(金)17:30-18:30(日本時間)、9:30-10:30(フランス)、8:30-9:30(英国)
Venue:Online (Please check the link below)
会場:オンライン(下記のリンクにてご覧いただけます)

Content: Art As Experiment: Body in the Kitchen This event is an open studio for GAP’s 2020 Global Art Joint Curriculum (co-hosted by CSM and BAP). In previous years, the program had been held in London, Paris, Tokyo and Toride, where each school visited one another at their campuses. This year, however, all the programs were held online. Despite being online, all the workshops developed in a way in which one could sense, through the screen, the body movements and things which took place behind the moving images. This open studio is an opportunity to present some of the outcomes from these workshops. *International Joint Project granted by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) through its Program for Enforcing the Function of National Universities

Art As Experiment: Body in the Kitchen アートは実験であるーキッチンと身体ー
本オープンスタジオは、GAP専攻の2020年度グローバル・アート・ジョイント・カリキュラム(CSMとBAPとの共同授業)のオープンスタジオとなります。これまでは実際にお互いにロンドン、パリ、東京、取手を尋ねて実施されましたが、今年度は全てオンラインでの実施となりました。しかしオンラインでありながらボディームーブメントや映像の背後にあるものを感じさせるワークショップを展開してきました。その成果発表とも言える機会となります。


※文部科学省国立大学機能強化事業[国際共同プロジェクト]

Organizers:
Global Art Practice,Graduate School of Fine Arts, Tokyo University of the Arts (TUA)
Central Saint Martins, University of the Arts London (CSM)
École Nationale Supérieure des Beaux-Arts de Paris (BAP)
主催: 東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻(GAP) ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校(CSM) パリ国立高等美術学校(BAP)

Faculty:
Yuko Mohri | TUA , Lecturer
Yusaku Imamura | TUA, Professor
Paul Haywood | CSM, Dean of Academic Programmes
Alison Green | CSM, Programme Director (Cover), Culture and Enterprise; Course Leader, MA Culture, Criticism and Curation
Fred Meller | CSM, Programme Director, Drama and Performance
Emmanuelle Huynh | BAP, Professor, Dance Studio
担当: 毛利 悠子 | GAP 専攻講師 今村有策 | GAP 専攻教授 ポール・ヘイワード | CSM 美術学部長 アリソン・グリーン | CSM 常勤講師 / MA Culture Criticism and Curation専攻長 フレッド・メラー | CSM 常勤講師/ Performance Programme 専攻長 エマニュエル・ユイン | BAP 教授 (ダンス・アトリエ)

Online Special Open Lecture |”The Art of Connection”

Date:Friday, 5 June 2020, 6:00 p.m. – 8:00 p.m.
日時:2020年6月5日(金)18:00-20:00

Venue:Online (via zoom)
*For Participation, please register from the following “Registration link”. The zoom link for the lecture will be sent to you via email.
Registration Link: https://forms.gle/bbPSMQ5cVb1R2ZA97
Registration deadline: Thursday 4 June, 5:00 p.m.
会場:オンライン(zoom)
(下記のフォームより事前申請受付)
事前受付フォーム:https://forms.gle/bbPSMQ5cVb1R2ZA97
受付締め切り:2020年6月4日(木)17:00
※参加希望者はこちらから事前申請の受付をしております。講義へのzoomのリンクは後日メールにて送信致します。

Through the art-making process, the artist connected the relationship between the individual and the outside world. He will talk about the art of connection through his artworks and the years of exploration in the city of Hong Kong. Find a way out of the plight of people being isolated under the epidemic.

パク・シュエン・チュエンは作品制作を通して個と外界の関係性を構築してきました。本講義では、作品制作や長年にわたる香港の街の探求を通して、パク氏が展開してきた接続の実践について講演します。また、疫病が及ぼす孤独や苦境から私たちはいかに脱出できるのか、というテーマについても話されます。

Speaker:Pak Sheung Chuen
アーティスト講師:パク・シュエン・チュエン

Faculty:Yusaku Imamura | TUA, Professor
担当: 今村有策(グローバルアートプラクティス専攻 教授)

GAP 2020 Online Exhibition

Date:Monday, 25 May / Wednesday, 27 May / Friday, 29 May 2020, 2:00 p.m. – 5:30 p.m. (JST)
日時:2020年5月25日(月)/ 2020年5月27日(水)/ 2020年5月29日(金)14:00-17:30
Venue: ZOOM & various online platforms
会場:ZOOM および オンライン各所

GAP 2020 Online Exhibition is a creative alternative to a physical interim show that was cancelled due to the recent COVID-19 situation. 19 members of second-year students will present their most recent works as another step toward their final projects. Student presentations will be followed by a panel discussion on the 29th, which will bring the guest critic Ryo Sawayama, members of GAP faculty, and the presenters together for constructive criticism. The exhibition’s official website is open to the public.

Special Guest Panel: Ryo Sawayama (Art Critic)
Exhibition Website:
http://gap2020.html.xdomain.jp/index.html

GAP 2020 Online Exhibitionは、本来実際の会場で行われるはずだったGAP専攻の進級展を、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、オンライン上で行うという試みです。 修士2年生の学生19名が、それぞれの修了制作に向けた発表をします。また、29日(最終日)の学生の発表の後には、GAP専攻の教員と学生に加え、ゲストとして批評家の沢山遼さんをお呼びし、パネルディスカッションを行います。また、展示の公式ウェブサイトも合わせて公開しています。

特別ゲスト
沢山 遼(美術批評家)

展示ウェブサイト
http://gap2020.html.xdomain.jp/index.html

Artists:M2 Students
Guest: Ryo Sawayama(Art Critic)
参加アーティスト:
大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻修士2年
ゲスト:沢山遼(美術批評家)

There but not here | そこにいて ここにいない

Date:Monday, 25 May 2020 –
日時:2020年5月25日(月)ー
Venue:Held in online(instagram & Website)
会場:オンライン開催(インスタグラムおよびウェブサイト)

“そこにてここにいない ( There but not here )” is an exhibition presented by Inoue, Xu, and Sakuragi, inside their online shared-house. In the current pandemic, the world has come to a standstill, at the same time, too much information and rumors are causing panic and confusing the public. Sense of values begins to change dramatically. On the one hand, the invisibles can cause tremendous damage, on the other hand, the authenticity of the visibles can be doubtful. Being separated in Germany, China, and France, the three can access different information, which result in different “realities”. How does the view change, before and after the pandemic?

Website:
https://xuyangxu.wixsite.com/there
Instagram:
https://www.instagram.com/sixexhibitions/

「そこにてここにいない」は、井上、XU、櫻木による展示です。それぞれの視点から作品制作を行い、三人の住む家で展示を行いたいと思います。
現在起こっているパンデミックの中で、世界が止まり、さらに過剰な情報や噂がパニックを広める要因となり、人々の目を晦ませています。目に見えないものが多大な損害を引き起こし、目に見えるものの真偽を識別しにくくなる中で、人々の価値観が大きく変わり始めています。ドイツ、中国、フランスに滞在する中で、環境や情報へのアクセスの違いによって三人が見る、感じる「世界」の差が生まれています。
パンデミック前と今とで、私たちの見える景色はどのように変わっているでしょうか。

3人展WEBサイト:
https://xuyangxu.wixsite.com/there
3人展インスタグラム:
https://www.instagram.com/sixexhibitions/

Artists:Shuji Inoue, XU YANG, Ayako Sakuragi


参加アーティスト:井上 修志、XU YANG、櫻木 綾子

GAP Unit Award Exhibition 2019 “Perception Practice”|2019年度GAPユニット賞展「チカク」

Date:Wednesday, 25 March 2020 – Sunday, 29 March 2020, 12:00 p.m. – 7:00 p.m., Last day till 17:00 (JST)
日時:2020年3月25日(木)〜 2020年3月29日 12:00 – 19:00 最終日は17:00まで
Venue:Youkoubo Art Space Studio- 3
会場:遊工房アートスペース Studio- 3

Global Art Practice (GAP) is a graduate program, dedicated to fostering future leading artists with a global focus on social practice in contemporary art. We are proud to present a two- person exhibition at Youkobo Art Space organized by students who excelled in the inaugural year of this program.

Artists : Cho Hyunjoo, Ryo Yamaguchi

http://www.youkobo.co.jp/exhibition_events/2020/02/gap2020-perception-practice.html

 グローバルアートプラクティス専攻は、グローバルな現代アートの文脈で指導的な役割を果たすアーティストの育成を目的として2016年に東京藝術大学に開設された専攻です。この度、プログラム活動に大きく貢献した学生による選抜展を昨年に続き遊工房アートスペースにて開催致します。

 2019年度GAPユニット賞展「チカク」 参加作家、曺賢珠 (ジョ・ヒュンジュ)、山口諒

 http://www.youkobo.co.jp/exhibition_events/2020/02/gap2020-perception-practice.html

Co-organizer:Youkobo Art Space
共催:遊工房アートスぺース